その他

医学部 を選択する基準

Dr.Keiです。

今回は
「どの医学部をめざすか」
「出身大学による違いはあるのか」
について書きたいと思います。

一例として以下の2つのケースを考えてみます。

①公立高校在学中。第一志望である地元の公立医学部は実力が足りないが、地方の国立大なら手が届きそう。金銭的に私立医学部には通えない。予備校にも通えないため現役で合格したい。

②有名私立高校卒業。毎年医学部合格者多数輩出している。京医を目指すも2浪中。 今年も最終模試でC判定であり合格するか五分五分というところ。今年落ちれば医学部は諦めるつもり。

どうでしょうか?これをケーススタディとして考えてみます。

手っ取り早く医学部に入る

医学部を受験する際、おそらく自分の偏差値や模試結果を参考に志望大学を選択すると思います。
何が何でも理Ⅲや京医を目指すといって、実力とかけ離れていた場合は、早く目を覚ますべきです。

はっきり言いますが、
勉強の出来る出来ないは医師の(というか社会に出てからの)力量に関係ありません。

もちろん、論文作成や留学などで英語力が左右される部分もありますが、
それよりも要領の良さや対人関係のスキルなどが重要だと考えます。

ですから、まずは医師に最速で到達する現実的な選択をすべきでしょう。
たとえ医学部に入れても、留年の可能性、卒試、国試がありますし。

学力と人間力は比例しない

要領の良さや対人スキルは学力だけでは身につきません。
なので出身大学が難関大学だからと言って医師の上下関係が成立するわけでもないです。

高学歴なだけで仕事も大してこなせないようなら、陰で笑い物にされている可能性だってあるでしょう。
結局は実力が無ければ学歴は何の価値も持たないのです。

医師になれば皆一緒

こうして医師になってみると私自身含めて、当時何故あれだけ大学名にこだわっていたのか謎です。

世間体、親の期待、自分のプライド、、

医師は生涯において知識をアップデートする必要があるし(時代遅れ医師になりたくなければ)、
あなたの患者さんはあなたの出身大学なんて気にしていません。

出世したければ出身大学は大事

とはいうものの出身大学が意味を持つ場合があります。
医局内での出世や開業した際に有利に働く事が多いです。

例えば、自分の出身大学でない医局に属するとよそ者(外様)扱いになり、圧倒的実績、実力がなければ
上へ登っていけないでしょう。せいぜい関連病院の部長レベルではないでしょうか。

開業する際は誰もが知ってる医大(東大、京大、阪大、名大)なら影響が大きいかもしれません。
ただ、出身が底辺医大なのにしれっと東大大学院などに入りデカデカと誇示するように待合室に飾っているケースも多いです笑

普通に医者をするなら高みを望みすぎる必要なし!

というわけで、最初にあげた2パターンを考えるとすれば、

①地方国立大を受ける または最安の私立医学を受け、奨学金を利用する
②京医をあきらめ、模試で良判定だった地方国立または公立を目指す

要は
手堅く合格できるレベルに変更して回り道をせず最速で医師を目指す

これにつきます。

・手っ取り早く医学部に入り医師になる
・学力と医師としての能力は関係しない
・安全に合格できる大学に志望校を変更するべき