医師の実情

医師との結婚 看護師、女医編

Dr.Keiです

前回の記事の続きとなります。
医師が看護師と恋愛し、結婚するのは職場恋愛という点で他業種と大きく違いません。

同様の事を述べるサイトは数あれど、ここでは実に生々しい内容を書きたいと思います。

結婚相手が実は○○だった!?

各病棟において人気のある看護師はだいたい他科の男性医師に狙われます。
新人看護師ならいざ知らず、自分が研修医であった場合は時すでに遅し、

パートナーの元カレがA医師とB医師とC医師だったという事もよく聞きます。
しらないのは当の本人だけ、、、 これ、結構ありました。

そのため、自分と同期もしくは、新人看護師と結婚する
という形が理想的かもしれません。

計算しつくされた結婚

独身時代は、奔放に多くの男性と恋愛し、遊びを満喫した女性に真面目で大人しい男性医師が捕まるケースも多いです。

語弊を招く言い方でしたが、手玉にとられる、と言い換えてもよいです。
基本的に恋愛偏差値の低い人間が大多数を占めるのが医師です。

ですから男心を操る事に長けた女性にとっては問題ありません。

はたから見ると、不釣り合いなように見えるカップルはこんな実情を反映しているかもしれません
こんなケースは結婚すると、
完全に財布のヒモを握られ奥さんは贅沢三昧、となる危険性があります。

これも多いです。

医師同士の結婚

では、医師同士の結婚はどうでしょうか?

医学部内で出会い、そのまま結婚する

医師となってから結婚する

の2つに分かれます。

このパターンの最大のメリットは、
互いに勤務環境への理解がえられやすい、に尽きます。

しかし、お互いの距離が近すぎるために身動きがとりづらいという
デメリットもあります。

ちなみに経済合理的な観点からみると、
夫婦医師+共働き+子供無し (夫婦ハイスペ ×DINKS dual-income no kids)

資産形成において、この世で最強の組み合わせの1つと考えます。
ただし、離婚する確率も平均水準以上のような気がします。

以上、自身の医師人生で経験した事を生々しく書いてきました。

男性医師としては、よほどのプレイボーイかつ経験豊富でなければ、
しっかりと人生の伴侶を見極める必要があると思われます。

・恋愛偏差値の低い医師は、ガードを固めるべし
・飲み会でハメをはずさないように