医師とお金

医師の弱点 税金編

Dr.Keiです。

今回は医師の弱み、特に税金について述べたいと思います。
医師は仕事柄忙しいことが多く、その特殊な勤務形態から税金の知識が乏しいばかりか、学ぶ機会も少ないのが現状です。

医師は頭でっかち!?

出身大学のブランド力や偏差値の違いはあれど、医師になる方は、それなりの頭の良さ、適応能力、要領の良さを身につけています。

がそんな人間でも、大学に入り、社会人となるまで医学づけとなるため、社会一般常識しかり、もちろんお金の知識、いわゆるマネーリテラシーを身につけることなく過ごすのです。

育った環境にも左右されますが、ええとこ育ちのボンボンが多いのも影響しています。

割のいいバイト

医学部生であれば、高額バイトにありつけます。幅はありますが時給5000~10000円の範囲ならザラにあります。現役医学生講師がウリの某進学塾など上記の比ではありません。

医師になってからは当直バイトで自身の収入を手軽にアップする事が出来たり、収入を上げるために新しく資格を取ったり、起業する事が必要ない、こんな職種は珍しいです。

お金への意識の欠如

つまり、簡単に年収をアップさせる事ができるため、逆に取られる(納税)への意識が薄れてしまうのです。

「今週の日曜バイトでも入ろうかなー?」と思い仲介会社経由でめぼしい案件を絞り込み、採用となると数万円獲得できるのです。もちろん、自分の人的資本を投入する必要がありますが。

医師になってからでなく医学生の時が最適

当たり前ですが、医師になると、研修医および専門科へ進むとますます医学以外の事が学べなくなります。学生のうちからマネーリテラシーを進めるための時間を設ける事が大事です。私自身、学生時代に戻れるなら戻りたいと本当に痛感しています。
いかに無駄な時間をすごしていたか、、

当直バイトや外勤するなら確定申告は必須

上級医が医師に成り立ての頃、そこそこのバイト収入があったにも関わらず確定申告していない事を話していましたが、これは完全にアウトです。

たまたま税務調査が来なかっただけで、納税は国民の義務ですし、相手はプロですから、正々堂々節税対策を講じるべきです。

繰り返しますが、
納税は国民の義務です。

このように、医師は勉強はできても、マネーリテラシーが欠如している方が大多数でしょう。
しっかりと正しい知識を身につけた上で、経済的自由を獲得するために、

手元に現金を残す(可処分所得を増やす)戦略が必要となります。

・医師は頭でっかち
・医師はマネーリテラシーが低い
・いかに可処分所得を増やすかが大事