医師を目指す人へ

医学部を目指す君たちへ

Dr.Kです。今回は将来医師になりたい方、お子さんを医学部に入れたい保護者の方に参考となる記事を書きます。

医学部人気は健在であり今後も傾向は変化しないのではと考えます。高収入、安定、社会的信用等のイメージがその由縁でしょう。しかし実際の勤務状況や仕事内容、リスク、日本の社会情勢を踏まえると必ずしも最適解とは思えません。

勤務医は斜陽産業

この事を念頭において自分の将来、我が子の未来を考える必要があります。

なぜか?

ご存知のように日本は超高齢社会を迎えており、それに伴う医療費増加が問題となっています。また医師不足、地域偏在対策としての医師数増加、AI技術の医療進出、医療機関の統廃合などもあります。国として医療費を抑制すれば各医療機関の診療報酬も下がり人件費の削減に繋がります。間違いなく医療機関の統廃合が進み医師数が増える事で医師は買い叩かれます。つまり、

勤務医のデフレ化

が今後予想されるでしょう。

お金はある一定以上の水準をもらえていれば気にしない、困っている人達を救いたい、誇りある仕事をしたい、

果たしてそれでいいのでしょうか?

次回以降医師の勤務内容、実情、未来予測を踏まえた医師としてのオススメの働き方について書いていきたいと思います。